GOOD YEAR

ホーム>タイヤ基礎知識>  1 タイヤの歴史

Basic Knowledge タイヤ基礎知識

タイヤの基礎知識 上級編1タイヤの歴史

ご存知でしたか?ゴムを発見したのはなんとコロンブスなんです。
長い歴史を持つグッドイヤーは、ゴムとタイヤの歴史・進化に大きく関わってきました。特にモータースポーツでは、F1で360勝を達成するなど圧倒的な強さを発揮し、その発展に貢献しました。

タイヤの歴史

1495年頃 クリストファー・コロンブスが、西インド諸島ハイチで発見した天然ゴムを西欧に伝える。
1791年 イギリスのピールがゴムを利用した防水布等を発明する。
1819年 イギリスのハンコックがゴム練りロール機を発明する。
1835年 ソリッドタイヤが発明される。
1839年 アメリカのチャールズ・グッドイヤーが、ゴムの加硫法を発見する。
1845年 スコットランドのR.W.トムソンが、空気入りタイヤを発明する。
1878年 自転車にゴムタイヤを装着する。
1886年 ドイツのゴットリープ・ダイムラーとカール・ベンツが、最初のガソリン自動車を完成させる。
日本が本格的なゴム工業を開始する。
1888年 スコットランドのJ.B.ダンロップにより、空気入りタイヤが実用化される。
1890年 日本が生ゴムの輸入を開始する。
イギリスのC.K.ウェルチがビードワイヤー入りのタイヤで特許を取得する。
1893年 日本が空気入りタイヤの輸入を開始する。
1894年 アメリカの自動車工業界が、空気入りタイヤを採用する。
1908年 アメリカのヘンリー・フォードが、T型フォードの量産化を開始する。
1912年 アメリカでゴムの補強剤「カーボンブラック」を実用化する。
1915年 イギリスのJ.F.パーマーにより、すだれ織りコードが使用される。
1922年 アメリカのJ.F.サイプがタイヤ表面に細かい溝を入れる特許を取得する。
1948年 ラジアルタイヤが発表される。

GOODYEARの歴史

1898年 アメリカオハイオ州アクロンに「ザ・グッドイヤー・タイヤ・アンドラバー・カンパニー」設立する。
1912年 グッドイヤー飛行船第1号を建造。
1916年 世界最大のタイヤメーカーとなる。世界で初めて空気入りトラックタイヤを開発する。
1917年 トラックタイヤ普及の為、初の大陸横断トラック便「ウィングフットエクスプレス」を創設する。
1926年 世界最大のタイヤ・ゴムメーカーとなる。
1952年 日本グッドイヤーを設立する。
1965年 F-1レースへ初参戦。メキシコGPで初優勝する。
1966年 グッドイヤータイヤ装着のトヨタ2000GTが世界国際耐久スピード記録会で3つの世界記録を樹立する。
1971年 ムーンタイヤを開発。アポロ14号の月面車に装着され、月面に人類初のタイヤ跡を刻む。
1977年 F-1レース 100勝を達成する。
1978年 グッドイヤータイヤ装着車、世界3大モーターレースで優勝を独占する。
1994年 F-1レース 300勝を達成する。インディカーレースでも300勝を達成する。
1997年 F-1レース 360勝を達成する。
2002年 Hybridテクノロジーを採用した「EAGLE LS2000」誕生する。
2007年 HybridテクノロジーIIへと進化した「EAGLE LS2000 Hybrid II」誕生する。

あなたの疑問に答えるQ&A

ゴムの加硫法って何ですか?

ゴムの加硫法とは、ゴムを温度変化に強くし、弾力を保つ方法のことで、これが発見されなければタイヤはもちろん、あらゆるゴム製品の発明や進化はなかったといっても過言ではありません。

▲ ページトップへ