GOOD YEAR

ホーム>タイヤ基礎知識>  6 タイヤの構造(4)トレッドパターン

Basic Knowledge タイヤ基礎知識

タイヤの基礎知識 上級編6タイヤの構造(4)トレッドパターン

タイヤには路面と接する部分(トレッド)にトレッドパターンと呼ばれる模様が立体的に刻まれています。
その模様(パターンデザイン)は、タイヤにとって重要な役割を持っており、用途に応じて大きく4つに分類されています。

トレッドパターンの役割

1.クルマの駆動力・制動力等を路面に伝えます。
2.路面の水を排水し、トレッドゴムを路面に密着させます。
3.スリップや横滑りを抑制し操縦安定性を向上させます。
4.騒音を抑えたり、乗り心地を向上させます。

トレッドパターンの基本分類

  リブ型 ラグ型 リブラグ型 ブロック型
パターン
デザイン
特徴
良路(舗装路・高速道路)走行に適したパターン
●直進安定性が高い
●排水性が高い
●横滑りに強い
●転がり抵抗が少ない
悪路(非舗装路)走行に適したパターン
●駆動力・制動力が高い
良路・悪路両方の走行に適したパターン
●リブ型とラグ型の両性能を合わせ持つ
氷雪路や悪路走行に適したパターン
●駆動力・制動力が高い
●オールシーズン用にも適している
主な用途
●乗用車
●小型トラック
●トラック・バス など
●トラック・バス
●小型トラック
●建設車両
●産業車両
●農耕車両 など
●トラック・バス
●小型トラック など
●スタッドレスタイヤ
●スノータイヤ など

サイピング

●トレッドには細かい切り込みが施されています。
これは「サイピング」と呼ばれるもので、太い溝でも排除しきれなかった水を、細かい溝で吸い取り、タイヤと路面を密着させる働きを持っています。
●スタッドレスタイヤでは、サイピングが細かく動くことで、エッジ効果を発揮し氷路走行性能を向上させる働きも持っています。

あなたの疑問に答えるQ&A

実際のタイヤのパターンデザインを見ると、4つの基本分類のどれなのか分かりにくいのがありますがどうしてなのですか?

実際のタイヤのパターンデザインでは、用途や発揮する性能の重要度などにより、いずれかのパターンを基本に他のパターンを組み合わせたり、さらに左右で非対称にしたり、方向性(進行方向が決められたもの)を設けたりしますから、複雑なパターンデザインとなり、ひと目では分かりにくくなっているのです。

▲ ページトップへ