GOOD YEAR

ホーム > タイヤ基礎知識 > 4 タイヤの空気圧

タイヤ基礎知識

4 タイヤの空気圧

タイヤの空気圧は乗り心地やタイヤの性能を発揮するのに大変重要なポイントです。空気圧は高すぎても低すぎてもいけません。空気圧不足は発熱による損傷や片減り、空気圧過多はセンター摩耗やキズを受けやすくなるなど、タイヤ損傷の原因となります。
空気圧は月1回を目安に点検し、クルマにあった最適な空気圧に調整しましょう。


指定空気圧とは・・・

自分のクルマの指定空気圧を覚えておきましょう。

タイヤの種類やサイズが同じでも、クルマによって空気圧は異なります。
そのクルマに最適な空気圧はカーメーカーがクルマ毎に決めており、それを「指定空気圧」と呼んでいます。
「指定空気圧」は運転席ドア開口部など目立つところに記載されていますので、チェックしておきましょう。
又、新車装着タイヤ以外のサイズを装着する場合はタイヤ販売店に相談し、最適な空気圧に調整しましょう。


タイヤを変更した場合の空気圧調整方法
●新車装着タイヤと同サイズの場合 カーメーカーの指定空気圧に調整
(運転席ドア開口部に記載)
●設定されているオプションサイズの場合 カーメーカーの指定空気圧に調整
(運転席ドア開口部に記載)
●オプション設定サイズ以外に
インチアップ する場合
タイヤ販売店に相談し、最適な空気圧に調整
(一般的にはタイヤを低扁平化すると車重を支えるタイヤの空気の容量が減少するので高めの空気圧が必要となります。適正空気圧は 空気圧別荷重能力対応表に基づいて決定できます)

空気圧異常はさまざまなタイヤトラブルの原因になります!!

空気圧不足で走行すると・・・
空気圧過多で走行すると・・・

●両ショルダー部の偏摩耗(片減り)を発生しやすくタイヤが長持ちしない

●センター部の偏摩耗(センター摩耗)を発生しやすくタイヤが長持ちしない

●発熱による損傷(ヒートセパレーション)が起こりやすい

●乗り心地が悪化する(跳ねる感じ)

●ハイドロプレーニングが起こりやすくなる

●キズを受けやすくなり、コード切れやバーストに至る場合がある

●燃費が悪化する

など

など

空気圧の点検・調整方法(ご注意)

(1)空気圧点検・調整はタイヤが冷えている時に!
タイヤが暖まると熱膨張で空気圧も高くなっていますので、正確な点検・調整ができません。

(2)月1回、エアゲージで点検しましょう!
タイヤの空気は自然に洩れ空気圧も低下します。空気充填後1ヶ月間がもっとも低下率が高いと言われていますので、安全のため月1回は点検しましょう。

(3)空気圧調整は指定の数値を下回らず、上限は10%程度に!
クルマによっては高速走行時や乗車人員の変化により空気圧の調整を勧める場合もあります。厳密に指定空気圧を守るのが一番ですが、安全上から見て指定の数値を下回らず、上限は10%程度にとどめましょう。

(4)バルブからの空気漏れやホイールの変形等も点検しておきましょう!

(5)スペアタイヤも点検しておきましょう!

あなたの疑問に答えるQ&A



どんなクルマでも空気圧は前輪・後輪とも同じなのですか?



必ずしも同じとは限りません。前輪と後輪で違う指定空気圧を設定している場合もあります
FF車のように前輪に負担が多くかかる場合や、前輪と後輪で違うタイヤサイズを装着している場合など、理由は様々ですが前輪・後輪で違う空気圧がそのクルマに最適であるとカーメーカーが判断した場合、前輪と後輪で違う空気圧を設定しています。




私のタイヤの適正空気圧を教えてください。

タイヤ自体には空気圧の指定はありません。※
タイヤの空気圧は、その装着するクルマの重量(荷重)などから、車輌を支えるのに必要な空気圧が自動車メーカーより指定されます。
同じサイズのタイヤが装着されたクルマでも、重量の軽重によって異なる指定空気圧が設定されていることがあるのです。
※タイヤの規格上の最大空気圧は240kPa(2.4kg/cm2)です。


おすすめタイヤラインナップ
  • Vector 4Seasons
  • EAGLE LS EXE
  • EfficientGrip SUV

▲UP

上記にない場合はこちらからご質問ください。⇒ お問い合わせページへ

当サイトに掲載された記事、写真、図表などの無断掲載を禁止します。