GOODYEAR Japan Official Site
Rd.3 スポーツランドSUGO

2016 GR 86/BRZ Race Professional Series Rd.3 Sports Land SUGORd.3 スポーツランドSUGO

スポーツランドSUGO
Team GOODYEAR Racing5/14(土)-15(日)、スポーツランドSUGOにて、GAZOO Racing 86&BRZレースRd.3が開催された。#369 GOODYEAR Racing 平中選手がシリーズランキングTOPで、#370 元嶋選手がシリーズ3位と好調なシーズンスタート。

前回ラウンド岡山同様、SUGOはオーバーテークポイントが少なく、予選の順位が非常に大きなウェイトを占めるサーキットでもある。今回は事前練習走行時間も限られていたが、GY勢のタイムは上々。今回も上位入賞しポイントランキング上位を独占したいところ。

2016 GR 86/BRZ Race Professional Series Rd.3 Sports Land SUGOQUALIFY 予選

  • Weather 晴れ
  • Track ドライ

23番手までがトップから約1秒差と大混戦

#369 平中克幸 決勝レース

GOODYEAR勢としては、GY Racingの#369 平中選手・#370 元嶋選手・大阪トヨタRacing #32 トモアキ選手、TN滋賀 #10 佐藤選手、茨城共販ワクドキ・トムス #36 太田選手、Team BRIDE #55 森山選手、#11いとうりな選手、#27 久保拓也選手、の合計8台が、”EAGLE RS Sport V-SPEC”にてエントリーとなった。

天候は、晴天のフルドライコンディション。日射しは強いモノの、吹き付ける風はまだ冷たく、気温(20℃)・路面温度(32℃)で行われた。

12:30、予選(15分間)開始。コースが短く、コース幅が狭いこともあり、いかにアタックラップをクリアな条件で走るかがポイント。マシン台数も多いため、もちろんTIRE温存のため、1度のアタックでしっかりと決めたいところ。

GOODYEAR勢は#32 トモアキ選手が叩き出した1'39.716の4番手タイムが最上位。#369 平中選手は1'39.919と9番手まで。#370 元嶋選手は練習走行では好タイムを出していたモノのアタックラップで失敗し1'40.559と20位という結果に終わった。
今回のポールポジションは前回岡山ラウンドのWinner、#906 阪口選手。
年々各タイヤの進化をあらわすように、10位までのタイムはコースレコード。また23番手までがトップから約1秒差と大混戦の結果となった。

■QUALIFY RESULT DATE: 2016.05.14  START:12:20  FINISH:12:35   出走36台
Pos No Name Tire Car Best Time Gap Lap
1 906 阪口 良平 BS AREA86倉敷 1'39.445 5/ 5
2 202 蒲生 尚弥 BS ASICS Blue 86R 1'39.609 0.164 1/ 2
3 80 吉田 広樹 DL OTG DL 86 1'39.665 0.220 1/ 2
4 32 トモアキ GY 大阪トヨタ86レーシング 1'39.716 0.271 2/ 3
5 34 佐々木 雅弘 BS asset・テクノ・BS86 1'39.764 0.319 1/ 3
6 87 久保 凜太郎 BS CG ROBOT BRZ BS 1'39.777 0.332 1/ 2
7 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 1'39.828 0.383 3/ 4
8 88 井口 卓人 BS CG ROBOT BRZ BS 1'39.867 0.422 1/ 2
9 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 1'39.919 0.474 1/ 5
10 770 山田 英二 BS CUSCO BS 86 1'39.931 0.486 4/ 5
11 557 大西 隆生 BS オートバックスG786ポテンザ 1'40.180 0.735 1/ 6
12 10 佐藤 晋也 GY OTG TN滋賀 86 1'40.214 0.769 1/ 5
13 81 井上 尚志 BS まんさく自動車ルブロスBS86 1'40.269 0.824 4/ 4
14 63 山口 明 BS コクピット館林N群馬86 1'40.356 0.911 1/ 5
15 31 青木 孝行 YH ケーエムエスADVAN86R 1'40.399 0.954 3/ 4
16 97 近藤 翼 YH 神奈川トヨタ☆DTEC86R 1'40.446 1.001 1/ 3
17 999 ジョニー YH ウイニング制動屋86長谷川運輸 1'40.450 1.005 2/ 4
18 1 谷口 信輝 YH KTMS 86 1'40.482 1.037 1/ 3
19 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校μ生駒86 1'40.541 1.096 1/ 5
20 370 元嶋 佑弥 GY GY RACING 86 1'40.559 1.114 3/ 4
21 85 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 1'40.597 1.152 1/ 3
22 692 小杉 諭司 DL ドラゴンベアードKRPDL86 1'40.603 1.158 2/ 3
23 45 羽根 幸浩 YH メタルラボ-スペックスYH86 1'40.628 1.183 2/ 5
24 76 柴田 優作 YH 神奈川トヨタ☆DTEC86R 1'41.112 1.667 2/ 4
25 217 山谷 直樹 DL ダイニチCF亜衣DL制動屋86 1'41.133 1.688 1/ 4
26 123 小原 侑己 GY NETZ富山Racing86 1'41.184 1.739 5/ 6
27 339 山下 亮生 DL 山下製作所KOTA‐R BRZ 1'41.649 2.204 2/ 6
28 61 佐々木 孝太 DL Profi 86 1'41.687 2.242 2/ 5
29 36 太田 光紀 GY 茨城共販ワクドキ・トムス86 1'41.697 2.252 3/ 4
30 328 密山 祥吾 YH 埼玉トヨペットGB 86 1'41.831 2.386 3/ 5
31 555 今村 大輔 DL ProfiBRZ T‐MAN 1'41.919 2.474 8/ 8
32 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE86 1'42.354 2.909 6/ 6
33 611 服部 晃輔 DL OGUSU・KOTA BRZ 1'42.609 3.164 7/ 7
34 911 湊 雅之 DL DEESアルビレックスRT86 1'42.612 3.167 3/ 8
35 11 いとう りな GY THE BRIDE86 1'42.790 3.345 5/ 7
36 27 久保 拓也 GY THE BRIDE86 1'43.068 3.623 3/ 6
以上予選通過(予選通過基準タイム 130% 2'09.445)

2016 GR 86/BRZ Race Professional Series Rd.3 Sports Land SUGORACE 決勝

  • Weather 晴れ
  • Track ドライ

大阪トヨタ86レーシング #32 トモアキ選手
GOODYEAR勢トップの6位フィニッシュ

昨日予選日に引き続き、朝から晴天のSUGO。しかし同様風がつめたく気温もさほど上がらず、決勝レースが始まる13:15でも、気温20℃・路面温度33℃と、ほぼ昨日の予選コンディション同様であった。

決勝レース<13Laps>がスタート。予選グリッド4番手のトモアキ選手は、オープニングラップで順位を1つおとし5番手。あとは後続車を抑えながら走る粘り強い走行で周回数を重ねていくも、後半に#770 山田選手にパスされ6番手でフィニッシュ。毎戦コンスタントにポイントを稼いでいるため、今大会終了時でシリーズランキング10位となった。また予選順位9番手の平中選手は、前半激しいバトルを繰り返しながら9位をキープした走り。#32 トモアキ選手以降、13番手まで数珠つなぎとなった集団に捕まる形での走行だったため、タイヤは温存されており、9周目には8位、11周目には7位と後半徐々に順位を上げていく。最終ラップ、果敢に攻めに行ったが接触してしまい失速、3台に抜かれてしまいポイント圏内の10位フィニッシュ。混戦のため上位勢にもさほど変動が出ずシリーズランキングは3位をキープ。次戦に期待したい。

他GOODYEAR勢は、#10 佐藤選手が12位、#370 元嶋選手は20位など、混戦の中行われたレースは、ほぼ予選順位のままの成績となった。

次戦Round4は6/4-5に富士スピードウェイにて開催されます。引き続きご声援の程お願い致します。

■RACE RESULT DATE: 2016.05.15  START:13:14  FINISH:13:36   出走36台
Pos No Name Tire Car Total Time Gap Lap
1 34 佐々木 雅弘 BS asset・テクノ・BS86 21'57.794 13
2 202 蒲生 尚弥 BS ASICS Blue 86R 22'00.348 2.554 13
3 906 阪口 良平 BS AREA86倉敷 22'00.660 2.866 13
4 87 久保 凜太郎 BS CG ROBOT BRZ BS 22'00.904 3.110 13
5 770 山田 英二 BS CUSCO BS 86 22'01.912 4.118 13
6 32 トモアキ GY 大阪トヨタ86レーシング 22'13.360 15.566 13
7 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 22'14.014 16.220 13
8 88 井口 卓人 BS CG ROBOT BRZ BS 22'14.218 16.424 13
9 557 大西 隆生 BS オートバックスG786ポテンザ 22'14.603 16.809 13
10 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 22'14.900 17.106 13
11 10 佐藤 晋也 GY OTG TN滋賀 86 22'15.264 17.470 13
12 31 青木 孝行 YH ケーエムエスADVAN86R 22'15.418 17.624 13
13 80 吉田 広樹 DL OTG DL 86 22'15.744 17.950 13
14 97 近藤 翼 YH 神奈川トヨタ☆DTEC86R 22'16.104 18.310 13
15 692 小杉 諭司 DL ドラゴンベアードKRPDL86 22'19.785 21.991 13
16 63 山口 明 BS コクピット館林N群馬86 22'22.318 24.524 13
17 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校μ生駒86 22'22.419 24.625 13
18 85 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 22'25.956 28.162 13
19 76 柴田 優作 YH 神奈川トヨタ☆DTEC86R 22'26.386 28.592 13
20 370 元嶋 佑弥 GY GY RACING 86 22'28.172 30.378 13
21 1 谷口 信輝 YH KTMS 86 22'28.293 30.499 13
22 45 羽根 幸浩 YH メタルラボ-スペックスYH86 22'28.511 30.717 13
23 999 ジョニー YH ウイニング制動屋86長谷川運輸 22'32.384 34.590 13
24 61 佐々木 孝太 DL Profi 86 22'36.979 39.185 13
25 217 山谷 直樹 DL ダイニチCF亜衣DL制動屋86 22'37.151 39.357 13
26 36 太田 光紀 GY 茨城共販ワクドキ・トムス86 22'38.233 40.439 13
27 328 密山 祥吾 YH 埼玉トヨペットGB 86 22'43.972 46.178 13
28 339 山下 亮生 DL 山下製作所KOTA‐R BRZ 22'44.475 46.681 13
29 27 久保 拓也 GY THE BRIDE86 22'51.102 53.308 13
30 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE86 23'00.799 1'03.005 13
31 911 湊 雅之 DL DEESアルビレックスRT86 23'00.902 1'03.108 13
32 123 小原 侑己 GY NETZ富山Racing86 23'17.046 1 Lap 12
33 81 井上 尚志 BS まんさく自動車ルブロスBS86 18'52.707 2 Laps 11
以上規定周回数完走
611 服部 晃輔 DL OGUSU・KOTA BRZ 9'00.210 8 Laps 5
555 今村 大輔 DL ProfiBRZ T‐MAN 4'28.276 11 Laps 2
11 いとう りな GY THE BRIDE86 2'00.477 12 Laps 1
BEST TIME:  No34 佐々木 雅弘 asset・テクノ・BS86 |  1'40.380 ( 4/13 ) 132.848km/h

2016 GR 86/BRZ Race Professional Series Rd.3 Sports Land SUGORESULT (Rd.3終了時点)

  • 369 平中 克幸KATSUYUKI HIRANAKA
    • Rd.3予選
      9
      1'39.919
    • Rd.3レース
      10
      22'14.900
    • ランキング
      3
      27pt
    369 平中 克幸
  • 370 元嶋 佑弥YUYA MOTOJIMA
    • Rd.3予選
      20
      1'40.559
    • Rd.3レース
      20
      22'28.172
    • ランキング
      5
      20pt
    370 元嶋 佑弥
EAGLE RS Sport V-SPEC

EAGLE RS Sport V-SPECは、専用の非対称パターン・専用コンパウンドの採用により、ドライ・ウェット双方のグリップ性能を高めたハイグリップラジアルタイヤ。発熱が早いにもかかわらず熱ダレに強く、グリップ力を長時間にわたりキープ。さらにラップを重ねてもタイヤがタレず、狙ったラインを自在にトレース。モータースポーツに望まれる性能を、高い次元で備え、マシンを操る楽しさをハイレベルで実感できるタイヤです。

製品情報

ページトップ