GOODYEAR Japan Official Site
 Protect Our Good Name

グッドイヤーであるが故にレースが好きで勝ちにこだわる。
モータースポーツへの挑戦。そして情熱。

グッドイヤーの歴史は、数あるモータースポーツに培われてきたと言っても
過言ではありません。

我々はモータースポーツへの挑戦を通じて、タイヤの限りない可能性・安全性・素晴らしさなどをより多くの方に伝えるべく、どの時代も「高性能・高品質」を追い求めています。

「グッドイヤーであるが故にレースが好きで勝ちにこだわる。」
この情熱があるからこそ、「勝利の歴史」を50年以上にわたり築き上げてきました。

グッドイヤーは1965年から1998年までF1グランプリに参戦し、368勝を記録しています。
この記録はF1グランプリの歴史の中で金字塔であり、勝利にまつわる逸話は数えればきりがありません。

インディアナポリス500をはじめ、IRLシリーズ、CARTシリーズと併せて500勝以上を、ル・マン24時間耐久レースでも数回の優勝を支えるなど、世界3大モータースポーツと言われるレースにて輝かしい成績を挙げました。

また、アメリカで最も人気のあるモータースポーツNASCARシリーズにも、オフィシャルタイヤ・サプライヤーとして60年以上の歴史があります。

この他、NHRAドラッグレース、ショートトラックレースなど数多くのカテゴリーに参戦してきました。

日本においては、D1 GRAND PRIX、Gazoo Racing 86/BRZ Raceに参戦し、Gazoo Racing Netz Cup Vitz Raceにはワンメイクでのタイヤ供給を行っています。

このように、国内外を問わず、あらゆる地域のモータースポーツへのサポートを多面的、スポット的に取り組み、様々なマシンやドライバーとともにグッドイヤーは走り続けてきました。

創立100年を超えたタイヤメーカーとしての企業理念、"Protect Our Good Name"を守りながら、タイヤ・ゴム業界および市場においてリーディング・カンパニーであること、最優良企業として認知されることを使命に、グッドイヤーのモータースポーツへの挑戦は世紀を越えて、さらなる歴史を刻んでいます。

ページトップ