富士スピードウェイ
試乗会レポート

10月5日(水)に開催した
Vector 4Seasons Hybrid の試乗会。
各地から参加していただいたドライバーの
皆様に、試乗した感想をお聞きしました。

試乗したドライバーの感想

40代男性(茨城)

ウエット性能が高いのは本当に嬉しいですね。私は毎日通勤で往復110kmを走っていて、半分は高速道路です。冬は数回雪が降るので、夏タイヤのままで職場から帰れなくなってしまったこともあります。逆にスタッドレスタイヤにすると、雨の日に高速を走るのがすごく不安で…。ベクターは私の生活にピッタリのタイヤですね。

40代女性(千葉)

仕事で使うクルマにピッタリのタイヤだと感じました。仕事だと雪が降ったからといってクルマに乗らないわけにも行きませんし、毎日結構な距離を走るのでドライ路やウエット路での性能が良いほうが疲れません。ベクターは業務用のバンなどとも相性が良いと思うので、バン用も発売してくれると嬉しいですね!

40代男性(東京)

走り心地が思ったよりも良くてびっくりしました。欧州車との相性も良いと思いますよ。都市部に住んでいてスキーなどに行かないのなら、ベクターで冬も十分だと思います。実家にメルセデスのC300があるのですが、父親が高齢になってタイヤ交換が大変なので、まずはそのクルマをベクターに替えたいですね。

40代男性(千葉)

オールシーズンタイヤがあることは知っていました。でも、チェーン規制時にも走行可能なオールシーズンタイヤがあるなんて驚きましたね。しかも、ドライ路やカーブで走ってみても、普通の夏タイヤと同等の走りができました。試乗しただけでは耐摩耗性がわからないのですが、長持ちするならすごいタイヤではないでしょうか。

40代女性(静岡)

夫婦でクルマの販売店に勤めているのですが、タイヤ交換が面倒だと感じているお客様が本当にたくさんいらっしゃいます。それでオールシーズンタイヤのベクターが気になっていて、走行性能を自分たちで体験してみたくて今日は参加しました。この性能なら、より安心してお客様におすすめできますね!

40代男性(埼玉)

思ったより雪路での性能が良いですし、夏タイヤ性能も今履いているエコタイヤと変わらないと感じました。実家に帰るには秩父の山を越える必要があるので、毎年スタッドレスタイヤに替えていました。交換をとても面倒に感じていたのでベクターにすれば楽ですね。

40代女性(埼玉)

オールシーズンタイヤというものがあるとは知りませんでした。スポーツタイヤに比べたら、もちろん走りの面では物足りないところはあります。でも、埼玉でも冬の朝晩は夏タイヤでは怖いことがあるので、その不安がなくなるならベクターも良いなと思います。

40代男性(静岡)

オールシーズンタイヤは「中途半端なタイヤでは?」と思っていました。でも、今日試乗してみて冬タイヤとしても夏タイヤとしても十分な走行性能を持っていることがわかりました。特に、ドライ路でスタッドレスタイヤのようなフニャフニャ感が出ないのが良いですね。
※ユーザー個人の運転技量に基づく感想であるため、
万人に性能を保証するものではありません。

試乗会の様子

雪上で制動力をテスト。

開会式では、日本グッドイヤー代表取締役社長の金原雄次郎が挨拶。Vector 4Seasons Hybridについて、
「新しいカーライフをご提案するGOODYEARが、自信を持っておすすめするオールシーズンタイヤです」と述べました。
また、アジア地区のプロダクトディレクターであるジェナー・パウエルが、特徴や走行性能について解説し、
「試乗していただければ、私たちがVector 4Seasons Hybridに持っている確信は、
みなさんの確信に変わるはずです」と締めくくりました。

開会式の後は、サーキット内に設けられた雪上コースでVector 4Seasons Hybridの制動力を試しました。
試乗会にゲスト参加したレーシングドライバーの平中克幸氏、片岡龍也氏、
そして日本グッドイヤーのテストドライバーである中島希光と共に、
冬タイヤや夏タイヤと比べて「どれくらい雪路で止まるのか?」を実際に体験していただきました。

  • まずはプロドライバーが、Vector 4Seasons Hybrid/夏タイヤ/冬タイヤを履いた車で制動力をチェック。
    プロドライバーが運転しても、夏タイヤではまったく止まりません…。
  • プロドライバーのテストでは、雪路でもしっかり止まったVector 4Seasons Hybrid。参加者にも実際に制動力を試していただきました。試乗を終えた参加者の方々からは、「思ったより止まる」と驚きの声が聞こえてきました。

  • そして、スタッドレスタイヤと夏タイヤにも試乗していただきます。夏タイヤではほとんどブレーキが効かないため、「夏タイヤの冬道走行は怖い」ということを身をもって体験いただいたようです。

ドライ&ウエット路での
性能も実感

雪路に加え、ドライ路やウエット路でのVector 4Seasons Hybridの走行性能を体感いただくために、
サーキットコースで試乗していただきました。
さまざまなタイプの車との相性をチェックしていただけるように、
車両はダイハツ WAKE、プジョー208、ジープ レネゲードをご用意。
サーキットを走るのは初めてという参加者の方も多く、みなさんワクワクした様子でコースへ出ていきました。

  • プロドライバーが先導することで、
    安全を確保するとともに、
    走行性能をしっかり実感できる
    コース取り&速度で走ります。

  • 降雪量の多い地域以外では、
    冬でも最も走る機会の多いドライ路。
    グリップ力や静音性を体感していただきます。
  • 夏タイヤ性能で重要なウエット路面での走りをチェック。
    スタッドレスタイヤの弱点とされるウエット路でも、
    Vector 4Seasons Hybridはしっかり
    グリップすることを実感いただきました。

プロドライバーのコメント

  • レーシングドライバー平中克幸

    スタッドレスタイヤでスピードを出したり、濡れた路面を走るのは本当に危険です。
    降雪量がそれほど多くない地域ならVector 4Seasons Hybridを履いたほうがより安全だし、快適に走れますね。

  • レーシングドライバー片岡龍也

    夏冬両方の性能を併せ持つ都合の良いタイヤなんてないと思っていましたが、ありましたね(笑)。
    走り心地にすごくこだわる人以外は、Vector 4Seasons Hybridを選んでおけば間違いないですね。

  • 日本グッドイヤーテストドライバー中島希光

    Vector 4Seasons Hybridのメリットは、なんといっても経済性と利便性ですね。
    夏と冬のタイヤを購入しなくてすみますし、交換する工賃や手間もなくなります。そして、タイヤを保管しておく場所も必要ありません。

様々なフィールドで1年中走れる。
オールシーズンタイヤ

発売前にいち早く体感。 EAGLE F1
ASYMMETRIC 3 - 2017年発売予定 -

この試乗会にはサプライズもご用意。
この日の午前中に発表されたGOODYEARの新ラグジュアリースポーツタイヤ
EAGLE F1 ASYMMETRIC 3にも試乗いただきました。

ハイクラスの欧州車に続々と標準装着が決まっているEAGLE F1 ASYMMETRIC 3。
快適性や静音性に優れながらも、強くグリップする走りに、
「やっぱり全然違いますね」という感想を多くの参加者が述べていました。

そして最後は、プロドライバーに同乗してサーキットを激走。
普段は絶対に体感することのないプロのテクニック、
高速域でのEAGLE F1 ASYMMETRIC 3の走りを体感いただきました。

  • EAGLE F1 ASYMMETRIC 3
    でのラグジュアリーな走行を
    体感いただきました。

  • プロドライバーの
    サーキット走行に同乗できるのは、
    とても刺激的な体験です!

様々なフィールドで1年中走れる。
オールシーズンタイヤ

Vector 4Seasons Hybridについてはこちら