GOODYEAR Racing

Netz Cup Vitz Raceについて

TWITTER FACEBOOK

Netz Cup Vitz Raceについて

Netz Cup Vitz Race

根強い人気を持つアマチュアレース
いつものヴィッツでレースを楽しもう!

モータースポーツの勝因はマシン7割と言われるほど、車両の性能差がそのまま勝敗に直結するこの世界で、アマチュアレーサーが勝つ喜びを感じることは不可能ではないのか?
そんな常識を覆したのがワンメイクレースだ。
ワンメイクレースでは皆が全く同じ車両で、全く同じ条件のマシンでレースをするので、多額の費用をかけてマシンを改造することもなく、多くのスポンサーやメカニックを揃えることなく、アマチュアでもローコストで参加し自分の腕を試すことができる。

参加者の約半数がビギナーレーサー。そのエントリーは簡単で、Vitz RS ”Racing”と国内Aライセンスがあれば誰でも参加ができる。レース参加者の約半数はモータースポーツ歴3年以内という、間口の広さ・敷居の低さが最大の魅力だ。参加するうちに仲間が増えて、さらにレースの虜になる人も多く、また女性の参加者も多数みられる。

Netz Cup Vitz Raceイメージ

Netz Cup Vitz Race|ヒストリー

歴史の長いヴィッツレース

2000年に日本初のJAF公認ナンバー付き車両によるワンメイクレースとしてスタートし、2014年度には開催300戦のメモリアルを迎えた歴史の長いレースだが、多いときは1ラウンドのエントリーが70台を超えるなど、今も根強い人気をもっており、2016年は延べ参加台数576台を記録した。2017年も、北海道・東北・関東・関西・西日本の5地区7サーキットで全17戦とTGRFでGRAND FINAL戦を開催する。
上位クラスのワンメイクレースでプロへの登竜門とされる86/BRZレースに勝るとも劣らないエントリー数を誇る人気レースである。

ヴィッツレースの歴史

日本グッドイヤー株式会社は
Netz Cup Vitz Race に
ワンメイクでのタイヤ供給を行ってます。

EAGLE RS SPORT S-SPEC

EAGLE RS Sport S-SPECは、闘うタイヤのスピリットを凝縮。
走り出した直後からずば抜けたハイグリップを発揮します。
モータースポーツに望まれる性能を、高い次元で備え、
マシンを操る楽しさをハイレベルで実感できるタイヤです。

ページTOPへ戻る