GOOD YEAR

ホーム>タイヤ製品一覧> EAGLE RV-F(イーグル アールブイエフ)

Product Lineup タイヤ製品情報

EAGLE RV-F ECO(イーグル アールブイエフ)

高速道路のレーンチェンジやワインディングで感じるミニバン特有のふらつきを、構造の最適化と新トレッドパターン採用により抑制。タイヤ剛性と耐偏摩耗性が向上し、きびきびとしたハンドリング性能を身につけました。低燃費でロングライフなグッドイヤーの持ち味もさらに向上。走るごとに喜びが広がる「ミニバン専用」タイヤです。

  • ミニバン専用
  • 乗り心地
  • 静粛性
  • 低燃費
  • 左右非対称
推奨車種
  • ワゴン
  • ミニバン
こんなクルマにおすすめです
  • トヨタ アルファード/ヴェルファイア/エスティマ/ヴォクシー/ノア など
  • 日産 エルグランド/セレナ など
  • ホンダ ステップワゴン/オデッセイ など
  • マツダ MPV/ビアンテ など
  • スバル エクシーガ など

(35サイズ中、7サイズ : AA/b、23サイズ : A/b、3サイズ : AA/c、2サイズ : A/c) ※詳細は、ラベリング制度についてをご覧ください。

「グリーン購入法」適合商品とは?

「Eco Gradeとは」

グッドイヤーの厳しい自社基準をクリアした環境配慮商品です。
クルマの燃費向上に寄与する「転がり抵抗の低減」、タイヤのライフサイクルを伸ばすための「耐摩耗性能の向上」など幅広く環境問題に取り組んだ商品を対象としています。

EAGLE RV-Fは「エコグレード」商品です。

開発背景

“ふらつき”“偏摩耗”の抑制、もはやミニバン専用タイヤとしては当然の性能。
そこで、ミニバンタイヤに求める性能をマーケティングリサーチ!

ミニバンタイヤに求める性能として、優先する性能は何ですか?

20~34歳、35~49歳、50歳以上男女の全国ミニバン保有者にお聞きしました。

  • きびきびとしたハンドリング性能が欲しい
  • ガソリン代が高騰しているので、燃費に優れたタイヤ
  • 長く使えるタイヤが欲しい
  • ふらつきが少なく、家族が心地良く感じられるタイヤ
  • 長く使えるタイヤが欲しい
  • ハンドル操作が楽なタイヤ
  • 車両がふらつかない性能が欲しい
  • 運転が楽なタイヤが欲しい
  • ある程度の燃費性能は欲しい

▲ ページトップへ

TECHNOLOGY

  • 優れたハンドリングと低燃費を両立

    低発熱NVRラバーや新開発薄型サイドウォールの採用、さらにタイヤ剛性をアップしたことで発熱を抑制。転がり抵抗が抑えられて低燃費性能を向上しました。

  • 偏摩耗を抑えたミニバン専用設計

    新たなトレッドパターンでは、ミニバン専用タイヤとして接地形状を最適化。接地圧を分散することで偏摩耗を抑制しています。これにより、ロングライフ性能も向上しています。

  • 安心感の高い優れたウエット性能

    耐偏摩耗性能を高めた新採用のトレッドパターンは、同時に優れた排水性能も実現しました。雨天時のハイドロプレーニング現象を抑制し、家族でのドライブに安心感を与えてくれます。

  • ミニバンにも軽快なハンドリングを

    重心が高く、レーンチェンジなどで不安定になりがちなミニバン特有の挙動を解消。タイヤの内部構造を最適化することによって、ミニバンにも軽快なハンドリングを実現しました。

e-Hybridポリマーが[低燃費][長持ち]に効いています

転がり抵抗低減とロングライフを実現

従来の基本性能とハンドリング性能に加えて、 低燃費性能〈AA/b、A/b、A/c〉を達成!
  • e-Hybridポリマー

    ゴム分子末端が補強剤〈シリカ〉と結合して、無駄な動きがなく、発熱をセーブ。
  • 低発熱サイドウォールゴム Efficient Rubber

    薄型サイドウォールの採用により、タイヤの軽量化と発熱を抑制。
  • Optimize Construction

    タイヤ剛性アップにより、全体の発熱をセーブ。

ロングライフ性能テスト

テスト条件 ●走行距離:9,005km ●テスト車両:国産ミニバン(1名乗車) ●タイヤサイズ:215/60R17 ●空気圧:240kPa ※詳細なデータは、タイヤ公正取引協議会に届け出てあります。

転がり抵抗比較テスト

テスト条件 ●測定方法:室内ドラム試験機(フォース法) ●タイヤサイズ:215/60R17 ●速度:80km/h ●荷重:4.82kN ●荷重:EAGLE RV-F [6.28kN]、EAGLE RV-S ECO [5.57kN] ●空気圧:EAGLE RV-F [250kPa]、EAGLE RV-S ECO [210kPa] ※詳細なデータは、タイヤ公正取引協議会に届け出てあります。

▲ ページトップへ

Optimize Constructionが[低燃費][快適性]に効いています

内部構造の最適化により、ハンドリングレスポンスと運動性能の向上を実現
  • エッジレイヤー
  • 低発熱NVRラバー静粛性、乗り心地向上に貢献。発熱が抑制され、転がり抵抗を低減。
  • ワイドブレーカー従来のブレーカー素材を太くする事により、タイヤの変形を抑制しハンドリングレスポンスの向上に貢献。
  • クロスオーバーレイヤー2枚のクロス構造のオーバーレイヤー採用により、強度がアップし、タイヤの変形を抑制しハンドリングレスポンスの向上とロードノイズの低減に貢献。
  • フレキシブルケースラインケースラインを真円化させる事により、旋回時全荷重域でサイドがしなやかにたわむため、タイヤの挙動を把握しやすくコントロール性向上。
  • 低発熱サイドウォールゴムEfficient Rubber新開発薄型サイドウォールゴムが、ハンドリング応答性、低燃費性能に貢献。
Optimize Construction(オプティマイズ コンストラクション)採用で“快適”なレーンチェンジとふらつきの抑制を実現!

レーンチェンジの際に、車両自体の傾きが小さく車体がぶれないので
より少ないステアリングの入力で車が反応!“きびきび”としたハンドル操作を実現。ふらつきを抑制します。

Wレーンチェンジヨーレートデータ計測

ドライ操縦安定性計測結果(ヨーレート)

テスト条件 ●テスト車両:国産2.4邃骭€ ミニバン(2名乗車) ●タイヤ:EAGLE RV-F、EAGLE RV-S ECO ●タイヤサイズ:215/60R17 ●空気圧:フロント[240kPa]リヤ[240kPa] ●コース:弊社操縦安定性試験路 ●路面状態:ドライアスファルト路面、EAGLE RV-S ECO [210kPa] ●テスト方法:Wレーンチェンジ(センサーによりヨーを測定)

▲ ページトップへ

Newアシンメトリーパターンが[長持ち][ウエット][快適性]に効いています

「ふらつき」「偏摩耗」を抑え、ミニバンに求められる基本性能と運動性能を高次元で両立
  • スマート・アクティブブロック

    Out側と同サイズのブロックを配置する事でブレーキング時の偏摩耗と、ふらつきを抑制。

  • レスポンスリブ

    細いリブと横方向のサイプが剛性を柔らげ、路面への密着効果を高め、ブレーキング性能に貢献。

  • 3Dバリアブルサイプ

    前後方向のトラクション性を向上。

  • アクアグルーブ

    4本の太いストレート溝により、排水性能を高めハイドロプレーニングを抑制。

  • IN
ライフを10%向上し、優れた耐偏摩耗性とウェット性能も実現。

接地形状の最適化(接地長5%UP)により接地圧が分散され、偏摩耗を抑制。
摩耗の均一化を実現し、ライフ性能に貢献します。

タイヤで変わる! スムーズなレーンチェンジ&ふらつきの少ない走行イメージ。
  • Wレーンチェンジ時の
    ハンドル操作 × 車体挙動イメージ

  • Wレーンチェンジ時の
    車体ロールイメージ

▲ ページトップへ