グッドイヤー、ハイパフォーマンスタイヤ「Eagle F1 Asymmetric SUV」
メルセデス・ベンツ 新型G-Class、Mercedes-AMG G 63に新車装着

2018.10.23

プレスリリース

日本グッドイヤー株式会社(代表取締役社長 金原雄次郎、以下グッドイヤー)のハイパフォーマンスタイヤ「Eagle F1 Asymmetric SUV (イーグル エフワン アシメトリック エスユーブイ)」が、2018年秋より発売予定のメルセデス・ベンツ 新型G-Class の Mercedes-AMG G 63 に採用されました。

「Eagle F1 Asymmetric SUV」は、SUVの車体重量を考慮して設計されたグッドイヤーのハイパフォーマンスタイヤです。「アクティブコーナーグリップテクノロジー」を採用しており、SUVを運転する楽しさをサポートします。

メルセデス・ベンツのG-Classは、一切の妥協のないクロスカントリービークルとして誕生しました。新型G-Classは、最新のテクノロジーによってさらにたくましくなったオフロード性能、より俊敏に快適になったオンロード性能、そして、メルセデスが誇るインテリジェントドライブと先進のコネクテッドテクノロジーを合わせ持っています。

メルセデス・ベンツ 新型G-Class、Mercedes-AMG G 63 新車装着

 Eagle F1 Asymmetric SUV
Eagle F1 Asymmetric SUV
サイズリスト
  • 295/40R22 112W
グッドイヤーについて

グッドイヤーは世界屈指の大手タイヤ会社です。従業員数は約6万4000人で世界22か国、48の拠点を展開しています。米国オハイオ州アクロンとルクセンブルグのコルマーベルグの2ヶ所に技術開発センターを有し、技術・性能の両面でタイヤ業界の標準を形づける最先端の製品とサービスを開発しています。グッドイヤーと製品の詳細情報はwww.goodyear.com/corporateをご覧ください。

日本グッドイヤー株式会社

日本グッドイヤー株式会社は1952年創立。国産および輸入品のグッドイヤーブランドのタイヤを、補修用タイヤ市場で販売しています。日本グッドイヤー関連会社の日本ジャイアントタイヤ株式会社は、土木建築車両用・重機用オフロードタイヤを兵庫県たつの市の工場で生産しています。又グッドイヤーは日本において航空機用タイヤのマーケティングと販売も行っています。日本グッドイヤー株式会社とその製品について、ホームページで詳しい情報がご覧頂けます。

日本グッドイヤー株式会社ホームページ

www.goodyear.co.jp

配信元

日本グッドイヤー株式会社 広報部
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル3F
TEL: 03-5572-8235
FAX:03-3582-1877 (担当:佐藤)

ページTOPへ戻る