CONCEPT TIRECONCEPT TIRE

自動運転技術の進化、都市部におけるカーシェアへの移行など
モビリティエコシステムが進化する中、
タイヤは、自動車と道路の間の唯一の接点として、
モビリティの中核であり続けるのです。
グッドイヤーは、タイヤ、自動車そして
これらを取り巻く環境の相互関係の
革命的変化を目指します。
GOODYEARとは? >

MOTOR SHOW2017 EAGLE 360 URBAN

2017 EAGLE 360 URBAN 高センサー機能とAIにより路面に合わせて変形 2017 EAGLE 360 URBAN 高センサー機能とAIにより路面に合わせて変形

詳しく見る
moviemovie

カーシェアリング時代にふさわしい高いメンテナンス性

同じ道路を走行しようとしているタイヤや自動車とIoTで繋がり、情報を共有。

AI技術により機能が強化され、その指示によって、現状および未来の摩耗を予測。

電磁浮遊方式によりタイヤ交換が容易。

高センサー機能とAIによる路面に合わせた変形

ウエット路面では«くぼみ»を増やし高い排水性を実現。

軽微な損傷であれば自己修復が可能な構造。

2017 INTELLIGRIP URBAN

2017 INTELLIGRIP URBAN センサー技術を搭載したトールアンドナロータイヤ 2017 INTELLIGRIP URBAN センサー技術を搭載したトールアンドナロータイヤ

詳しく見る
moviemovie
  • センサータイヤ技術

    道路状況を読み、乗客の安全と安心感を強化。
    クラウド技術によりタイヤと車両間の情報を共有。

  • 容易なメンテナンス

    道タイヤ関連の起こりうる事象を瞬時に認知し、未然に防止。
    タイヤ性能を最大化し、オペレーションコストを低減、稼働率効率性の向上が見込める。

  • トールアンドナロー形状

    タイヤの転がり抵抗を軽減し、エネルギー効率を向上、都市での電気自動車ユーザーを創出。

2017 CITY CUBE

2017 CITY CUBE 高性能なセンサー技術と独自のトレッド形状によりあらゆる路面況を感知 2017 CITY CUBE 高性能なセンサー技術と独自のトレッド形状によりあらゆる路面況を感知

詳しく見る
  • トヨタ i-THRILL のためのコンセプトタイヤ

    トヨタのコンセプトモデル 3人乗り電動モビリティトヨタ「i-TRILL」のために開発したコンセプトタイヤ。
    トヨタ「i-TRIL」に投入の車体を傾けて曲がるアクティブ・リーン技術に触発、二輪車用タイヤの形状から発想。

  • フロントとリヤで異なる形状

    フロントは、傾斜が可能なホイールになっていて、トールアンドナロータイヤへの両方向からの装着が可能。これにより、安定した走行が可能で、より大きなリヤタイヤにより水を排出し、グリップ力を強化。
    リヤタイヤは、コーナリングの安定性に寄与し、内側が硬く非対称形状となる。

  • 電気自動車タイヤとしての性能

    軽量設計のため、低い転がり抵抗を実現。溝量を軽減し、走行距離を延ばすとともに、ノイズレベルも軽減。

MOTOR SHOW2016 LEXUS UX

2016 LEXUS UX 最先端技術を採用したタイヤ設計の新しい方向性 2016 LEXUS UX 最先端技術を採用したタイヤ設計の新しい方向性

詳しく見る
moviemovie

タイヤ設計の新しい方向性

リムスポークがタイヤサイドウォールにつながる一体デザイン。

レーザーカービングテクノロジーによるダイナミックなパターンデザイン。

最先端技術の採用

オープンセル・ポリウレタン発泡体をタイヤ内側に採用するサウンドコンフォートテクノロジーで、タイヤ内での共鳴音ピーク値を抑制。

タイヤに埋め込んだ電子チップと車載コンピューターの連動による卓越した走行性能と、ランフラットテクノロジーによる安全性能。

MOTOR SHOW2016 EAGLE 360

2016 EAGLE 360 球状に設計された未来志向型タイヤ 2016 EAGLE 360 球状に設計された未来志向型タイヤ

詳しく見る
moviemovie

磁気浮揚する球体形状の採用でタイヤと車体が分離

車体の向きを変えることなく安全・快適に多方向への移動が可能。

全方向に移動可能なことで限られたスペースへの駐車が可能。

埋めこまれたセンサーが車両や周囲に対し路面状況や気象状況を伝達することでより高い安全性

空気圧・タイヤ摩耗を常時モニタリングすることで、走行距離を伸ばします。

バイオミミクリーのアイデアからサンゴの一種であるブレインコーラルの形状を採用

天然のスポンジのようにドライ状態では硬く剛性をあげ、ウエット状態では柔らかく排水性を高めます。

2016 INTELLIGRIP

2016 INTELLIGRIP 路面状況と天候を感知、車両システムに情報を伝達 2016 INTELLIGRIP 路面状況と天候を感知、車両システムに情報を伝達

詳しく見る
moviemovie
  • センサーで路面状況を感知

    先進センサー技術および専用設計のトレッドにより、路面状況及び気象状況を感知。

  • アクティブ・ウェア(耐摩耗性)テクノロジー

    タイヤと車両の状況をリアルタイムに評価する最先端のアクティブ・ウェア(耐摩耗性) 技術を採用。

  • カスタム・アルゴリズム

    グッドイヤーが開発した独自のアルゴリズムにより、空気圧やタイヤの温度といった変動要素を定義づける。

  • 路面状況に適応

    タイヤが«雨で濡れている”又は«滑りやすい”と感知すると、車載システムが状況に合わせてスピードを調整。それにより、制動距離の短縮、確かなコーナリング、操縦安定性の向上、更には衝突防止機能のサポートも実現。

MOTOR SHOW2015 BH-03

2015 BH-03 熱電素子と圧電素子による発電タイヤ 2015 BH-03 熱電素子と圧電素子による発電タイヤ

詳しく見る
moviemovie

熱電素子と圧電素子による発電タイヤ

静止時には太陽光の熱を吸収し、電気に変換。

走行時の熱とたわみの圧力を電気に変換。

ハイブリッド車のバッテリーへの充電、電気自動車への応用も可能。

MOTOR SHOW2015 TRIPLE TUBE

2015 TRIPLE TUBE 路面状況をモニタリングしてタイヤが自在に変形 2015 TRIPLE TUBE 路面状況をモニタリングしてタイヤが自在に変形

詳しく見る
moviemovie

路面状況をモニタリングしタイヤが自在に変形

メインチャンバーと3つの独立したエアチャンバーが空気圧を調整しながら最適な形状をキープ。

エコ・セーフティー・ポジション
3つのエアチャンバーを空気圧を均一にし転がり抵抗の低減とドライブレーキ性能の向上。

スポーティ・コーナーリング・ポジション
3つのエアチャンバーをコーナーリングに合わせ円錐状にし、路面との接地面を最適化しハンドリング向上。

ウエット・セーフティー・ポジション
トレッドセンター部のエアチャンバーの空気圧を高め、ハイドロプレーニングを防止。

ページTOPへ戻る