グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「Assurance WeatherReady(アシュアランス ウェザーレディ)」が、
日刊自動車新聞 用品大賞2019(タイヤ部門)を受賞、
新TVCM放映へ

2019.07.08

プレスリリース

この度、日本グッドイヤー株式会社(代表取締役社長 金原雄次郎)のオールシーズンタイヤ「アシュアランス ウェザーレディ」が、日刊自動車新聞 用品大賞2019(タイヤ部門賞)を受賞しました。
これは、2017年の「Vector 4Seasons Hybrid(ベクターフォーシーズンズ・ハイブリッド)」に続き、グッドイヤーのオールシーズンタイヤとしては2回目の受賞となります。

アシュアランス ウェザーレディは、16から20インチの合計13サイズを取り揃えており、近年需要が高まっているSUV市場のニーズに合わせて導入されました。販売中のベクターフォーシーズンズ・ハイブリッドと合わせ57サイズをオールシーズンタイヤ・ラインアップとして展開しています。
その大きな特徴としては、従来の石油を原料としたオイルに代わって、環境にも優しい「大豆オイル・テクノロジー*」が採用されていることです。これにより、低温から高温のあらゆる路面状況で高いトラクション性能を発揮します。

*従来の石油を原料としたオイルに代わって、大豆を原料としたオイルをタイヤのトレッドゴムに適用する技術

「このたび、グッドイヤーのアシュアランス ウェザーレディが、栄誉ある用品大賞2019(タイヤ部門)を受賞したことを大変嬉しく思います。また、オールシーズンタイヤのパイオニアとして、2年前のベクターフォーシーズンズ・ハイブリッドでの受賞に続く今回の受賞により、グッドイヤーのオールシーズンタイヤがフルラインアップで認められたことを大変誇りに思うとともに、オールシーズンタイヤへの関心が益々高まっていることを実感しています。この場をお借りして、ご愛用いただいている消費者の皆様、販売にご尽力いただいている代理店および販売店の皆様に深く感謝申し上げます。」
(日本グッドイヤー 代表取締役社長 金原雄次郎)

用品大賞授賞式

また、ブランドDNAを核にしたコミュニケーションキャンペーン「道は、ない。だからそこへ。」を現在展開中です。
120年を超える歴史の中、世界初の月面に降り立ったタイヤ、航空機用ラジアルタイヤ、世界初のオールシーズンタイヤなど、様々な市場に進取の精神で第一歩を実現してきた技術力、そして、未来のモビリティ社会に革命的な変化をもたらすコンセプトタイヤの開発が示す未来創造力を訴求しています。
今回の受賞を機に、新テレビCM 「道は、ない。だからそこへ。(オールシーズンタイヤ篇)」を新たに制作、7月10日より順次放映開始するとともに、日本グッドイヤーの公式サイトでも公開。さらなるブランド認知強化を図っていきます。

新TVCM絵コンテ

グッドイヤーについて

グッドイヤーは世界屈指の大手タイヤ会社です。従業員数は約6万4000人で世界22か国、48の拠点を展開しています。米国オハイオ州アクロンとルクセンブルグのコルマーベルグの2ヶ所に技術開発センターを有し、技術・性能の両面でタイヤ業界の標準を形づける最先端の製品とサービスを開発しています。グッドイヤーと製品の詳細情報はwww.goodyear.com/corporateをご覧ください。

日本グッドイヤー株式会社

日本グッドイヤー株式会社は1952年創立。国産および輸入品のグッドイヤーブランドのタイヤを、補修用タイヤ市場で販売しています。日本グッドイヤー関連会社の日本ジャイアントタイヤ株式会社は、土木建築車両用・重機用オフロードタイヤを兵庫県たつの市の工場で生産しています。又グッドイヤーは日本において航空機用タイヤのマーケティングと販売も行っています。日本グッドイヤー株式会社とその製品について、ホームページで詳しい情報がご覧頂けます。

日本グッドイヤー株式会社ホームページ

www.goodyear.co.jp

配信元

日本グッドイヤー株式会社 広報部
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル3F
TEL: 03-5572-8235
FAX:03-3582-1877 (担当:佐藤)

ページTOPへ戻る