グッドイヤー、
4X4に最適なタイヤ、「WRANGLER DURATRAC」を発売

2019.07.29

プレスリリース

日本グッドイヤー株式会社(代表取締役社長 金原雄次郎、以下グッドイヤー)は、2019年8月5日*より、オンロード・オフロードを問わず、アクティブに活動するユーザーに向けた4X4に最適なタイヤ、「WRANGLER DURATRAC(ラングラー デュラトラック)」を発売します(14サイズ、オープン価格)。

*13サイズは2019年8月5日発売。1サイズ(265/70R16 112Q)は2019年9月2日発売。

【WRANGLER DURATRAC(ラングラー デュラトラック)の主な特徴】

① TractiveGroove Technology
(トラクティブ・グルーヴ・テクノロジー)

溝の形状を最適化し、悪路や深い雪でのトラクションを確保します。

② Highly Angled Center Blocks
(高角度センター・ブロック・デザイン)

緻密な設計によって生み出されたセンターブロックにより、ロードノイズを抑制しつつ、前後・左右のトラクションおよび剛性を確保します。

③ Self- Cleaning Shoulder Blocks
(セルフ・クリーニング・ショルダー・ブロック・デザイン)

砂、砂利、泥などを効率よく排出し、目詰まりを防止することで常に最適なトラクションを確保します。

④ Snow Flake Mark
(スノーフレークマーク)

ASTM*の公式試験で、極めて厳しい寒冷地でも十分な性能を発揮することを認証された証です。日本でも冬タイヤ規制時に走行可能な冬用タイヤとして認められています。

*世界最大・民間・非営利の国際標準化・規格設定機関

グッドイヤーについて

グッドイヤーは世界屈指の大手タイヤ会社です。従業員数は約6万4000人で世界22か国、48の拠点を展開しています。米国オハイオ州アクロンとルクセンブルグのコルマーベルグの2ヶ所に技術開発センターを有し、技術・性能の両面でタイヤ業界の標準を形づける最先端の製品とサービスを開発しています。グッドイヤーと製品の詳細情報はwww.goodyear.com/corporateをご覧ください。

日本グッドイヤー株式会社

日本グッドイヤー株式会社は1952年創立。国産および輸入品のグッドイヤーブランドのタイヤを、補修用タイヤ市場で販売しています。日本グッドイヤー関連会社の日本ジャイアントタイヤ株式会社は、土木建築車両用・重機用オフロードタイヤを兵庫県たつの市の工場で生産しています。又グッドイヤーは日本において航空機用タイヤのマーケティングと販売も行っています。日本グッドイヤー株式会社とその製品について、ホームページで詳しい情報がご覧頂けます。

日本グッドイヤー株式会社ホームページ

www.goodyear.co.jp

配信元

日本グッドイヤー株式会社 広報部
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル3F
TEL: 03-5572-8235
FAX:03-3582-1877 (担当:佐藤)

ページTOPへ戻る