Vector 4Seasonsって
スキーに行ってみた実況レポート

Vector 4Seasons で、
スキーに行ってみた!

Vector 4Seasonsの走行性能を試すために、福島県のグランデコスキーリゾートまで行ってきました!

  • ① 東京を出発
  • ② 佐野SA付近
  • ③ 高速を降り、一般道へ
  • ④ 猪苗代湖に立ち寄り
  • ⑤ 山道を上る
  • ⑥ スキーリゾートに到着!
  • ⑦ 帰路で雪のある下り坂を走行
  • ⑧ 再び乾いた高速道を走行

1.東京を出発

東京を出発。雨やみぞれの降る悪天候でしたが、Vector 4Seasonsの実力を試すには絶好のシチュエーションです!

高速道路を走ります。濡れた路面での高速走行でしたが、しっかり路面にグリップし、走りに安心感がありました。

2. 佐野SA付近

佐野SAを過ぎた辺りから、路肩には雪が積もってきました。しかし、路面は除雪されていることもあり、Vector 4Seasonsで快適に走行できました。

3. 高速を降り、一般道へ

高速を降り、一般道へ。雪が本格的に降り始めましたが、Vector 4Seasonsは路面をしっかり噛み、カーブやブレーキングも問題ありませんでした。

4. 猪苗代湖に立ち寄り

雪が積もる猪苗代湖に立ち寄りました。一面雪景色ですが、Vector 4Seasonsを履いていれば積雪路も走ることができます。

5. 山道を上る

スキー場へ向かって、ここからは山道を上っていきました。Vector 4Season は坂道でもしっかりグリップしました。

6. スキーリゾートに到着!

日が暮れるころにグランデコスキーリゾートに到着しました! 道中不安になることもなく、改めてVector 4Seasonsの冬タイヤ性能の高さを実感しました!

7. 帰路で雪のある下り坂を走行

帰路へ。スキー場近くの雪のある下り坂も、スピードをださなければ滑ることはありませんでした。

8. 再び乾いた高速道を走行

乾燥した高速道路も快適に走れました。路面状況がいろいろ変わるドライブで、幅広い路面に対応できるVector 4Sesonsの優れた実力を実感しました!

Driver’s impression

私は北海道生活が長かかったこともあり、冬タイヤの性能にはこだわりがあります。
Vector 4Seasonsを一年履き、さまざまなシチュエーションを走ってみて非常に完成度の高いタイヤだと感じました。
北海道などの豪雪地帯では、やはり降雪時期はスタッドレスタイヤが必須かと思いますが、
逆にそれ以外の季節ではVector 4Seasonsをおすすめします。
ドライ路での乗り心地や降雨時の安定感に優れていますし、そして雪が降っても慌てることなく車を運転できるのは非常にありがたいです。
降雪のタイミングに合わせてタイヤ交換するのは大変なので、その手間がなくなるだけでも降雪地帯での生活がずいぶん楽になりますね。

※過酷な積雪・凍結があるエリアで走行の場合、スタッドレスタイヤをお奨めします。

販売店を探す

グッドイヤーの販売店を探す グッドイヤーの販売店を探す

ページTOPへ戻る