氷上・雪上性能を追求した プレミアムスタッドレス ICE NAVI 7

あなたの、7日間を 見守っている。 日本の冬のあらゆる道に対応! あなたの、7日間を 見守っている。 日本の冬のあらゆる道に対応!

日本の路面状況は気温や時間帯などによって
刻々と変化していきます。

思わぬところで体験した
日本の冬道で起きるヒヤリハット!

アイスバーン

路面が凍結し、ツルツルになった状態。
スタッドレスでも制動距離が伸びる。

ヒヤリハット!

冬の晴れた朝…

会社へ向かう途中のことでした。いつも通る交差点を左折しながら橋の上に差し掛かった瞬間に
前輪が滑走し、走ろうと思っていた軌道を外れました。(秋田県/男性)

アイスバーンでもより安心!

優れた氷上性能

接地長を伸ばしたことで接地面のサイプ数が増加し、グリップ力が向上。

ググッと止まる!!

ググッと止まる!!

水上ブレーキ性能比較イメージ

水上ブレーキ性能比較イメージ

氷上ブレーキ(ABS作動時)指数

氷上ブレーキ(ABS作動時)指数

※氷上ブレーキテスト条件
●テスト車両:国産車 1.8Lセダン FF車 2名乗車●タイヤサイズ:195/65R15 91Q ●空気圧(フロント/リヤ):230/220kPa ●評価方法:初速20km/hからの制動距離(ABS作動)●試験方法:JATMA試験

※上記テスト条件に関する詳細なデータについては、タイヤ公正取引協議会に届け出てあります。

ミラーバーン

鏡のようにつるつるに磨かれた路面状態。
交差点などでよく見られ、危険性が高い。

ヒヤリハット!

街中の交差点で…

右折をしようとハンドルを切ったら、曲がることができず、まっすぐ進んでしまい怖かったです。
顔が引きつり、肩にチカラが入ったのが自分でもわかりました。(鳥取県/男性)

ミラーバーンでもより安心!

優れた氷上コーナリング

交差点などでのヒヤリハットを防ぐため、パターンと配合を改良し、コーナリング性能を追求。

しっかり曲がる!!

しっかり曲がる!!

氷上コーナリング性能比較イメージ

氷上コーナリング性能比較イメージ

旋回接地形状と接地圧分布

旋回接地形状と接地圧分布

圧雪路

雪が踏み固められた道。
アイスバーンに比べるとスタッドレスの効果が発揮される。

ヒヤリハット!

夜間に雪が降って…

圧雪された雪で交差点に差し掛かり、黄色信号でブレーキングしたのですが、グリップせず
交差点内までスリップして停止しました。帰省中のことでヒヤリしました。(北海道/男性)

圧雪路でもより安心!

優れた雪上操縦安定性

大型ラグ溝を採用。雪柱せん断力が向上し、ブレーキ・トラクション性能に貢献。

ガッチリ雪を噛む!!

ガッチリ雪を噛む!!

バインディング・スノーデザイン

バインディング・スノーデザイン

雪柱せん断力分布シミュレーション

雪柱せん断力分布シミュレーション

シャーベット

雪が溶けて、氷と水が入り混じった状態。
滑りやすく、ハイドロプレーニング効果が起こりやすくなる。

ヒヤリハット!

仕事の帰りが遅くなって…

夜中に走行しているときに、融雪装置がある道とない道が交わる交差点がシャーベットの雪になっていて
クルマがすべり、ヒヤッとしました。(福井県/女性)

シャーベットでもより安心!

優れたウェット性能

溝容積をUPさせた新パターンと、マルチ新配合を採用。

ウエットにも効く!!

ウエットにも効く!!

バインディング・スノーデザイン

バインディング・スノーデザイン

ウエットブレーキ(ABS作動時)指数

ウエットブレーキ(ABS作動時)指数

※ウエットブレーキテスト条件
●テスト2017年3月30日 ●テスト場所:岡山テストコース(アスファルト)水深1mm ●天候:晴れ ●気温:16℃〜19℃ ●テスト車両:国産車 1.8Lセダン FF車 ●タイヤサイズ:195/65R15 91Q(リムサイズ:15X 6J)●空気圧(フロント/リヤ):230/220kPa ●評価方法:初速100km/hからの制動距離(ABS作動)

ウエット路面

高速道路などではハイドロプレーニング現象が
起こりやすくなり、雨天時は制動距離が長くなる。

ヒヤリハット!

雪はなかったんですが…

冬の晴天から雨になって濡れた路面になり、山道のつづら折りで急カーブを曲がるとき、
すべって車線をはみ出しそうになったことがありました。(山梨県/男性)

ウェットでもより安心!

優れたウェット性能

溝容積をUPさせた新パターンと、マルチ新配合を採用。

ウエットにも効く!!

ウエットにも効く!!

バインディング・スノーデザイン

バインディング・スノーデザイン

ウエットブレーキ(ABS作動時)指数

ウエットブレーキ(ABS作動時)指数

※ウエットブレーキテスト条件
●テスト2017年3月30日 ●テスト場所:岡山テストコース(アスファルト)水深1mm ●天候:晴れ ●気温:16℃〜19℃ ●テスト車両:国産車 1.8Lセダン FF車 ●タイヤサイズ:195/65R15 91Q(リムサイズ:15X 6J)●空気圧(フロント/リヤ):230/220kPa ●評価方法:初速100km/hからの制動距離(ABS作動)

ドライ路面

スタッドレスタイヤは、夏タイヤと比較して
制動距離がより長くなる。

ヒヤリハット!

晴れた日のドライ路面で…

強引に車線変更をしてきたクルマがいて、ブレーキをかけたら効きが悪く、制動距離が伸びて
ぶつかりそうになりました。昼間で雨も雪も降っていなかったのでなおさらびっくりしました。(富山県/女性)

ドライでもより安心!

優れたドライ性能とライフ性能

パターン剛性の強化により、従来品と同等以上の性能を実現。
氷上性能と相反する耐摩耗性能は、接地圧の最適化により、ICE NAVI 6と同等のレベルをキープ。

摩擦しにくいから長持ち

摩擦しにくいから長持ち

接地形状と摩擦エネルギー分布

接地形状と摩擦エネルギー分布

転がり抵抗比較テスト(転がり抵抗係数)指数

転がり抵抗比較テスト(転がり抵抗係数)指数

※転がり抵抗比較テスト条件
●タイヤサイズ:195/65R15 91Q(リムサイズ:15X 6J)●荷重:4.82kN ●空気圧(kPa):210 ●測定方法:ドラム試験機(フォース法、室内試験)

グリップ感が上がって安心感が伝わってくる!

プロも認めた氷上性能

レーシングドライバー 平中克幸 氏

レーシングドライバー 平中克幸 氏

ICE NAVI7は、氷上・雪上のパフォーマンスを向上したということで、ICE NAVI6に比べて初期応答性、ちょっとハンドルを切ったときに、すごくグリップ感があるというか、安心感が伝わってきました。

日本自動車ジャーナリスト協会 菰田 潔 氏

日本自動車ジャーナリスト協会 菰田 潔 氏

グリップがあがった分だけ、余裕ができて、安心感があるタイヤになった。安心感があるということはリラックスして運転できるから、色んな危険回避の余裕もできてくるし、長い時間運転しても疲れにくいっていうメリットがあります。冬道をより安心して走れるタイヤといえますね。

試乗された方の声 販売店の方々に試乗してもらい、その性能を体験していただきました!

※感想は、2017年1月に北海道にて行われた
プロトタイプでの試乗になります。

※ユーザー個人の運転技量に基づく感想であるため、万人に性能を保証するものではりません。

coming soon coming soon

気候や朝・昼・晩で刻々と変化する冬道に効く
プレミアムスタッドレス

最新のテクノロジーを搭載し、氷上・雪上性能をより高めたICE NAVI 7。なかでも氷上で優れたグリップ力とコーナリング性能を発揮します。さらに、ウエット路面でも安定したハンドリングを実現。20年の歴史を持つICE NAVIシリーズの集大成となるモデルです。

水上ブレーキ性能比較イメージ

水上ブレーキ性能比較イメージ

氷上コーナリング性能比較イメージ

氷上コーナリング性能比較イメージ

氷上ブレーキ[テスト条件]
■テスト車両:国産FF 1.8ℓセダン 1名乗車
■タイヤサイズ:195/65R15 91Q
■空気圧(フロント/リア):230kPa/220kPa
■評価方法:初速30km/hからの制動距離(ABS作動)
■試験方法:JATMA試験。テスト条件に関する詳細なデータについては、タイヤ公正取引協議会に届け出てあります。

一年中タイヤ交換不要のオールシーズンタイヤだから、突然の雪や悪路でも、
安定した操縦性能と乗り心地。

Vector 4Seasons Hybrid が
日刊自動車新聞用品大賞2017を受賞

ページTOPへ戻る