タイヤの寿命
(長期使用の目安)

タイヤには長期経過によって迎える使用寿命があります。自動車部品の中で唯一路面と接するタイヤは、
安全走行にとって重要な役割を担っているので、使用開始後5年でのプロによる点検、
製造後10年での新品への交換を安全のためにお奨めします。

長期経過タイヤの劣化

タイヤはゴムやコード等さまざまな材料でできた精密機械のようなものです。長期間使用していると、ゴムの自然劣化を始め、環境や保管条件、および使用状況(荷重、速度、空気圧)によってさまざまな変化(不具合)を生じてきます。

ゴムの劣化

タイヤのゴムが劣化する要因には2つあります。

  • タイヤは走行することで変形を受け、発熱します。それが繰り返されることで徐々に劣化が進行します。
  • 走行しなくても、直射日光、水、熱、油、オゾンなどの外的要因によっても劣化が進行します。
    タイヤの保管方法についてはこちら

空気圧不足による異常発熱でゴムが劣化するとセパレーションからバーストに至ることがありますので、注意する必要があります。

5年経過したタイヤ

必ずプロによるタイヤ点検を実施しましょう!

使用開始から5年以上経過したタイヤは日常点検の他、継続して使用できるかどうか、タイヤ販売店などプロスタッフによる点検を受けることをおすすめします。

グッドイヤーの販売店についてはこちら

10年経過したタイヤ

新品タイヤに交換しましょう!

製造後10年経過したタイヤは、溝が残っている(法規上使用できない溝の深さまですり減っていない)など、外観上問題ない場合でも、ゴムの劣化などの問題から新品タイヤに交換されることをおすすめします。

グッドイヤーの製品一覧はこちら
グッドイヤーの販売店についてはこちら

※タイヤ交換の10年という年数は、あくまでも目安で、タイヤの実際の使用期限を示すものではありません。タイヤは環境条件・保管条件・使用方法によって、この年数を経過したタイヤであっても継続使用できる場合もあれば、この年数を経過していなくても継続使用できない場合もありますのでご注意ください。
タイヤの保存方法についてはこちら

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤの寿命はよく3年といわれていますが、スタッドレスタイヤの寿命も環境条件・保管状況及び使用方法(荷重・速度・空気圧)などによって左右され、上手な使い方をしていればもっと長くなりますし、逆に条件の悪い使用を続けていれば短くなってしまいます。

スタッドレスタイヤの保管方法についてはこちら

注:タイヤ販売店等による点検をおすすめする使用開始後5年や新品タイヤに交換をおすすめする10年という年数は、各タイヤメーカー・販売会社・販売店による品質保証期間・期限を示すものではありませんが、目安としてご紹介します。

あなたにあったタイヤを
グッドイヤーで探そう!

グッドイヤーでタイヤを選ぶ グッドイヤーでタイヤを選ぶ

ページTOPへ戻る