タイヤの役割

タイヤ1本分の接地面積は、わずかハガキ1枚分!
タイヤがなければ車は走ることも止まることも出来ないことはもちろん、安全や乗り心地にも重要な影響を与えます。
タイヤの4大役割を理解して、ドライブを楽しみましょう。

タイヤの4大役割

1. クルマの荷重を支える

車重はもちろん、乗る人や荷物など、全てをタイヤが支えています。相当な重さを支えるだけの能力(強度)がタイヤには備えられています。

2. クルマの力を伝える(走る、止まる)

駆動力や制動力を路面に伝えなければ、車は走ったり止まったりすることができません。タイヤは発進や加速・減速、制動(ブレーキ)の性能に大きく関わっています。

3. 方向を転換する(曲がる、まっすぐ進む)

ハンドルの動きに応じ車の方向を転換したり、維持したりするのもタイヤの役割。ドライバーの行きたい方向へと車を導いているのがタイヤなのです。

4. 衝動を和らげる

タイヤは路面の凹凸などからの衝撃をやわらげています。空気やゴムの弾性がクッションの役割を果たすことで、快適な乗り心地に一役買っているのです。

あなたにあったタイヤを
グッドイヤーで探そう!

グッドイヤーでタイヤを選ぶ グッドイヤーでタイヤを選ぶ

ページTOPへ戻る